ガラスなどに付着してしまう「カビ」についてのトラブルを解消するための豆知識サイト 多くの人の頭を悩ませているガラスなどに付着してしまう「カビ」についてのトラブルを解消するための豆知識を集めていますので、お困りの方は是非参考にしてみてください。 トイレ詰まり

お風呂の壁面は天井にカビが発生して掃除が大変で困っています。何かカビを防ぐ方法はありませんか?

お風呂のカビは一度繁殖してしまうとなかなか掃除も大変ですし、カビから放出される胞子による健康被害も危険ですので、発生させない広げないという予防がとても大切です。普段からのお風呂の使い方、ちょっとした手間でカビの予防ができますので、その方法を見てみましょう。

「毎日のお風呂の後に」
・お風呂に入った後は、市販のフローリングワイパーに雑巾をつけて、天井についた水滴軽く取り除いてから出ましょう。カビの繁殖には水が欠かせないので、水分を取り除き、素早く乾燥しやすくしておけば、カビは生えてきません。

・同じように壁についた水滴もフローリングワイパーで取り除きましょう。

「普段から」
・お風呂に乾燥機能がついていたら、電気代をケチらずしっかりと乾燥させましょう。素早く乾燥させてしまえば、カビは生えてきません。

お風呂の壁面は天井にカビが発生して掃除が大変で困っています。何かカビを防ぐ方法はありませんか?

・乾燥機能がないお風呂では換気扇を基本的に切らない。ずっとかけっぱなしにしてください。

出典:トイレ詰まり http://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/service/toilet-repair-method/

・換気扇をつける際は、浴室のドアや窓は閉めておきましょう。扉や窓を換気が早く進むように思われて開けておく人もいるかもしれませんgな、実は反対に、空気の流れが悪くなったり、窓から入ったばかりの空気を換気扇が吸ってしまい、浴室内の湿気を含んだ空気を効率よく換気できなくなったりします。

・埃などが換気扇の羽やフィルターなどに目詰りしていると、しっかりと換気できず、また埃自体もカビの原因になるので換気扇周りの掃除もしっかりとしましょう。

「お掃除」
・ユニットバスのつなぎ目には垢や石鹸カスが残ってカビやすいのできちんとスポンジなどで吹いておきましょう。

・排水口周りや中がカビの温床と、発生源になってしまうことがありますので、中まで掃除を心がけるようにしてください。

「一週間に一度は」
45度以上の温水を壁にかけてみましょう。カビが死滅します。よく冷水を壁などにかけて、お風呂の温度を下げると良い。という豆知識がありますが、実験ではカビが胞子を500倍にも飛び散らせてしまうので逆効果になるという結果がでました。冷水は止めておきましょう。