キッチンをお掃除

ガラス・カビトラブル豆知識一覧

家を掃除するときになるべく洗剤を使いたくないのですが、綺麗にできるいい方法はありますか?

投稿日:2016年5月23日 更新日:

手軽に使えて綺麗になるのでついついお掃除や汚れ物を洗うときに洗剤に頼ってしまいがちですが、肌の弱いかたは肌荒れも起こしやすいものでもありますし、何よりも環境に優しくありません。

洗剤の独特にニオイが苦手というかたも多いでしょう。こういった問題を解消するのが、クエン酸と重曹、それに粉石鹸です。

それぞれ異なる性質を持っていて、洗剤の代わりにポイントごとに使い分けることでお掃除に重宝するアイテムになります。

■クエン酸は酸性の性質
クエン酸は酸性です。アルカリ性のトイレのアンモニア汚れやお風呂場のシャンプーと石鹸カスを落すのに最適で、中和することで汚れが落ちます。

クエン酸は水に溶かしてクエン酸水を作り、汚れの気になるところにスプレー容器で吹きかけて、しばらく放置後に洗い流したり水で絞った雑巾で擦り洗いをすると汚れが綺麗に落ちます。

■重曹はアルカリ性の性質
重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れに対して使用します。キッチンのお掃除に最適で、飛び散った油汚れや換気扇、シンクの水垢や排水口の汚れ落としにはとても有効です。

スポンジに粉を振りかけて磨くように擦ってください。防臭作用もありますので、洗剤を使うのに躊躇してしまう食べ物を扱うレンジや冷蔵庫などを綺麗にするときに、重曹を溶かした水で絞ったふきんで拭き掃除をすると効果的です。

■面白い使いかたができる粉石鹸
粉石鹸はアルカリ性で主成分が脂肪酸ナトリウムです。40度ほどのぬるま湯に溶かして置いておくとゼリー状に固まる性質を持っています。

この石鹸ゼリーが液垂れせずに汚れを吸着し、こびり付いた頑固な油汚れを落としてくれますので、掃除を怠ってなかなか落ちない酸性の汚れに対して効果を発揮してくれます。

石鹸ゼリーを塗って30分から1時間放置して洗い流してみてください。汚れが石鹸に吸い取られてぴかぴかになります。洗剤を使わないエコな掃除は環境にも肌にも優しいだけではなく、お財布にも嬉しいコスパのよさです。

常備しておいたらさまざまな場面で利用することができるのでおすすめします。

-ガラス・カビトラブル豆知識一覧

Copyright© ガラスのカビのトラブル・知識特集 , 2017 AllRights Reserved.